文字数の多いWordPressのブログは書けません。長いブログを書くときのコツはありますか?

文字数の多いWordPressのブログは書けません。長いブログを書くときのコツはありますか?

ブログで集客するなら、数千文字は書かないといけないといわれています。

最低でも1,000文字は欲しいところ。

この文字数は、ブログに慣れていないと結構な負担になりがちです。

そこで、ご紹介したいのが、ブログを見出しごとに分けて書く方法です。

具体的にどのように書けばいいのか、1,500文字の記事を例にとってご紹介しましょう。

 

まず、1,500文字の記事を書くとき、あなたはどのように記事を書いていきますか?

はじめの導入文、本文、まとめというように順番に書いていくでしょうか。

 

人にもよるのですが、ブログ記事を書くときにはある程度の構成がありますよね。

 

ブログ記事を書くときの構成

タイトル

 

導入文

見出し1

 本文

見出し2

 本文

見出し3

 本文

見出し4

 本文

見出し5

 本文

まとめ

 

というような構成になっているでしょう。

何も考えず羅列していけば確かに1,500文字は長いものです。

 

ですが、これらを見出しごとに分けてみてください。

 

ブログ記事を見出しごとに分けてみる

 

導入文とまとめを150文字ずつとすると、残りの本文の文字数は1,200文字となります(全体の1,500文字から導入文とまとめの300文字を引いた文字数)。

この1,200文字を5つの見出しで分けるとすると?

そう、1つの見出し当たり240文字となります。

どうですか?

1,500文字は長いと感じても、240文字なら短いと思いませんか?

 

ちなみに、Twitterをされている方もいらっしゃると思いますが、Twitterでは、140文字の字数制限がされています。

ただ、伝えたいことはつい長くなってしまって、140文字では収まり切れませんよね。

でも、240文字ならどうでしょうか?ちょうどいい長さだと思いませんか?

 

もちろん、見出しの数によっても目安となる文字数は変わってきますが、1,500文字と頭ごなしに考えるよりも、1つの見出しに200~300文字でよいと思えば気が楽になるはずです。

 

ぜひ、長い文字数のブログを書く時のコツとして覚えておいてくださいね。

 

WordPress初心者のためのQ&Aリンク集はこちら

 

 

 

 

 
 

WordPressのHPには興味あるけど不安なこと、不明なことがあって今一歩を踏み出せない方

 

ホームページ相談会を実施中です 
早めにお席を確保してください♪

 

 
 
 

 

 

Follow me!