週末起業の成功例、女性にも人気がある自宅教室・サロンの集客について考えよう

週末起業の成功例、女性にも人気がある自宅教室・サロンの集客について考えよう

女性に人気がある起業、週末起業の一つとして、自宅で教室やサロンを開きたい!と思う女性は多いですよね♪

では、教室やサロンを開くための集客について考えたことはありますか?

女性を中心に人気がある起業、週末起業の一つに、自宅サロンや教室の開業があります

自宅が仕事場になるので、事務所やスペースを新たに借りる必要がなく、

コストが抑えることができ、子育て中の女性や会社員の女性の副業、週末起業として開業する場合も時間の融通が利きやすいことが魅力です。

では、いざ起業しよう!と思ったとき、どのような点を重視したら良いのでしょうか?

趣味や得意なことを活かして始めることができる教室やサロンを仕事にしよう!と

考えたとき、その知識や技術があれば生徒さんを集めることができると思っているかもしれません。

ですが・・・それでは生徒さんは集まらない!集客できない!!ということを、

おそらくこのブログをご覧の方は理解していると思います。

教室を運営し生徒さんが通いたいと思ってもらうためには、まずは仕組みを知ることと、

その仕組みを作り出すことが大切です。

女性の副業、週末起業から始める正しい自宅教室・サロン運営の仕組み

通いたい教室を選ぶのは生徒さん自身ですし、この先生のもとで学びたいと思ってもらうことが重要なのです。

資格を活かして始めた教室に長く通ってもらえる仕組み作りはできていますか?

なんて、偉そうなことを言ってる私ですが、

もともと何も知らずにはじめてしまい開業当初は思い通りにいかないことにかなり苦戦しました。

せっかく始めた教室の集客が思うようにいかなくなって、途中でやめてしまってパートに逆戻り・・・という先生も数多く見てきました。

自宅で、家族が留守の間に行う教室、サロン業であったとしても、遊びじゃなくて仕事として捉えるなら、それは立派な起業と考えたほうがいいと思うのです。

そして、経営や集客についても学ぶべきだと思います。

現在では、女性の起業家さんも増え、集客や経営について学べるところがたくさんありますが、私が教室を始めた頃はそれほど女性の起業も盛んではなかったですし、自宅で行う教室で集客について学ぼうと思う人も今ほどいなかったように思います。

そのような時代背景の中で、いち早く経営について学べる女性の中小企業診断士の方から、集客の基礎を学ぶことができたことは、とてもラッキーなことだったと思っています。

では、正しい教室運営のしくみとはなんだと思いますか?

いくつかポイントをご紹介すると

-正しい教室運営の仕組み-

1、お客様に広く知ってもらう方法を作ること

2、入会された方が飽きないコンテンツを提供し続けること

3、一定期間続けていただくことで成果に繋げること

4、結果として生徒さんが楽しめる雰囲気を作ること

このように様々な仕組みを構築する必要があります^^

どれが欠けていてもうまくいくはずがないのです。

開業当時の私はこういった仕組みも理解していませんでしたし、

自分に何が不足しているのかも理解していませんでした。

この正しい教室運営の仕組みについて一つ一つ見ていきましょう♪

1、お客様に広く知ってもらう方法を作ること

個人で開講しているのですから、まず教室やサロンを知ってもらうことから始めなければいけません。

一昔前なら、ポスティングや折込チラシを利用していたと思いますが、現在でもこれらの方法が有効な場合もあります。

ですが、現在は情報社会。

WEBやSNSの力を借りて宣伝することに取り組んでみるといいと思いますし、効率よく集客できる可能性があります。

アメブロも昨年末から商用利用が可能になったのでますます、アメブロを使った集客合戦が繰り広げられるのではないでしょうか?

2、入会された方が飽きないコンテンツを提供し続けること

一度、足を運んでくれた生徒さん、お客様が続けて通っていただけるレッスン内容を構築していないと新規のお客様ばかり集めるのはとっても非効率!

いわゆるリピーターさんを増やす仕組みを作りましょう!

メニュー作り、コンテンツ作りの順番は、継続して通ってもらえるようなメニューをまず作り、そこから体験レッスンやお試しコースを作っていきます。

3、一定期間続けていただくことで成果に繋げること

2、でお話ししたリピーターさんを増やすことにもつながりますが、1回で完結してしまうと「楽しかったで〜す」で終わってしまいますね・・・

もっと作りたい、習いたい、知りたい、よくなりたい!という欲求をどれだけ引き出すことができるか?が講師や経営者の腕の見せ所です。

4、結果として生徒さんが楽しめる雰囲気を作ること

新規集客の壁を超えて、集客に成功し、リピートにつながる仕組みができたら、次は口コミを起こす仕掛けを作りましょう!

女性は楽しそうな雰囲気や素敵な空間に憧れますよね^^

あなたの生徒さんやお客様が、楽しい時間を過ごすことができて、自分が向上できる素敵な空間に居られることが幸せ〜〜と思ってもらえる雰囲気も提供したら・・・

そこから口コミが生まれ、新規集客を頑張らなくても運営はとても楽になります♪

いかがですか?

今すぐにでも取り入れられることから始めてみましょう!

女性の副業、週末起業から始める教室・サロンの運営に必須のコンセプト

リピートや口コミにつながる仕組みができても、やはり数ある教室・サロンや起業家の方達の中で「ここがいい!」と見つけてもらうことができなくてはいけませんね。

そこで大切になってくるのがコンセプトやキャッチコピー。

みなさんがよく知っている大手の企業にも必ずあるある”コンセプト”。

このコンセプトがあるとないとでは集客力は大きく変わってきます。

教室やサロンのコンセプトとなるキャッチコピーを見た瞬間に

「あ!これ私のこと〜〜」というような惹かれるコンセプトやキャッチコピーであったり、

生徒さんやお客様から見て共感できるコンセプトやキャッチコピーを持った教室は人気教室になりやすく、

ポスティングや折込チラシでも、スルーされることなく手にとってみていただける可能性が高くなります。

集客に苦労することなく運営していきたいなら、「自分がどんな教室を運営していきたいか?」「自分にしかできないウリ、アピールポイント」をまず始めに考えて、

それを売り文句としてアピールしていくことが、個人で行う起業のための、集客のコツと言えるでしょう。

女性の副業、週末起業から始める教室・サロンの運営の具体的なアピールポイントは何か?

あなたが始める自宅教室・サロンの具体的なアピールポイントはどのように考えればいいでしょうか?

よく「私には特別な経験も経歴もないから、アピールポイントなんてありません」という

お声を聞きますが、大丈夫です!

あなたと同じ人生を歩んできた方はあなた以外には一人もいないので、あなたにしかできないパーソナルなアピールポイントは必ずあります。

ただ、その考え方に気がつかないだけです。

それ以外にも、「小さな子供がいるから・・・」「駅から遠いから・・・」というリスクがあるから不利なんです・・・という考えもきにすることはありません。

リスクになり得ないので大丈夫です!!

「お子様づれOK」「子育ての話をしながら・・・」「駅から遠いいけど、パーキング完備!」「マイカーで通える」という打ち出し方なら全くリスクにはなりませんよね^^

要するに、見方を変えればリスクもチャンスに生まれ変わります

そうはいっても、オリジナリティ溢れるキャッチコピーを考え出すのは、一人では難しいかもしれませんね。

それならば、ライバルとなりそうな他の教室・サロンや起業家や起業家さんをリサーチしてみましょう。

同じようなアピールポイントを打ち出しても、「この教室に通いたい」「あなたにお願いしたい」と目に留めてもらえないということは明白なので、自分が生徒側の立場に立ったつもりで

まず同じジャンルのライバルになりそうな他の教室・サロン、起業家のアピールポイントを参考にし、ライバルの教室・サロンや起業家が取り入れていないことで自分にできそうなことを見つけてみましょう!

会社員の副業でも週末起業でも、女性が始める起業で未来に繋げるために

私も、集客や経営について学んでからは、まず自分自身と向き合い足りないことを熟知して1つ1つ解消していきました。

わからないからと躊躇してしまうよりも、一歩ずつゆっくりで良いので時間をかけて前に進んでいくことが大切です。

すぐに結果に繋がらなくとも小さな積み重ねがあなたの未来に繋がるはずです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

刊行書籍 Amazon kindle本 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【LINE@ お友達登録はお気軽に】

西秋恭子 公式LINE@ ぜひお友達になってください♪

LINE@

1:1でトークができるのでWEB集客のことなどお気軽にご相談ください♪

ご登録はこちら

ID検索は @fog7306a 

ご登録特典プレゼント中です♪

LINE@

 
 
 
 
wordpress
 
 
 
 

今日のメールセミナーはいかがでしたか?

こちらをクリック↓
感想をお待ちしています^^ 
泣いて喜びます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Follow me!