自宅サロンの集客に悩まないために、女性の働き方に注目!

自宅サロンの集客に悩まないために、女性の働き方に注目!

趣味の延長で自宅サロンを開くのは特に資格も必要ないですし、生活スタイルの変化に合わせてできる♪

女性が取り組みやすいことだと思います。

自宅サロンは会社や企業に属しているわけではありません。

サロンの先生は誰かに雇われているわけではなく個人で仕事をしていることになるので、

「働く時間や曜日」を自分で決めることができるのは最大のメリットだと思っています。

共働き世代が増えましたが、女性はキャリアを作りにくいと言われていますがなぜだと思いますか?

 

女性はライフスタイルの変化を受けやすい

結婚・妊娠・子育て・旦那さんの転勤による引っ越し・親の介護……など

女性は男性と比較してもこれらの要因でライフスタイルの変化を受けやすいですよね。

その度に仕事を取るのか、子育てを取るのかといったように選択を迫られるようになります。

本当ならどちらも選択できたらもっと人生が豊かに楽しくなるはずです。

 

自宅サロンの先生という仕事も、フルタイムで朝から夕方までサロンを開いている人もいれば、副業として週末だけ会社員と両立してやっている人、

自宅に小さい子どもがいて仕事に出られないので子育ての合間にサロンを行いながら両立している人もたくさんいます。

 

自宅サロンを自分で行うということは、ライフスタイルの変化に合わせてその時の状況に合わせた働き方ができるので

女性にはピッタリの働き方かもしれませんね。

 

私も自宅サロンを始めたときは、子供たちの成長とともに時間に余裕ができたときにスタートしました。

 

今は様々な事情で生徒さんの希望に合わせて不定期でのレッスンを行ったり

自宅サロンに関するご相談やアドバイスをして「育成」に力を入れています。

 

最近では子育てや仕事がひと段落した女性が自宅サロンを開く人もいます。

もう一度輝きたいとセカンドライフをスタートさせたマチュア世代の方が、

自宅サロンの開業を始める方も増えてきました。

 

自宅サロンを開いて働くというのは年齢に関係なく夢や希望に向かっていつでもスタートできることにあると思います。

始めるのに遅すぎるということはありません。

 

自宅サロンもビジネスと捉える!

ただ、ここで注意しないといけないことは、

お花でもお菓子、お料理など資格取得をすればそれで即仕事になる!という間違った考え方です。

資格の有無よりも誰の悩みを解決できるのか?

どんな望みを叶えてあげられるのか?

なぜ?その教室・サロンをあなたが行なっているのか?

どんな専門家なのか?をハッキリせないといけませんね。

【教室】【サロン】というお仕事は女性を輝かせてくれる魅力があります。

だからこそ、正しいやり方で教室・サロン運営をしていってほしいと思います♪

ただ、趣味の延長!主婦の暇つぶしと思われたくないなら、しっかり仕事として向き合ったほうがいいと思います^^

この考え方が結果的に集客に悩まない!ということにつながります。

 

自宅サロン運営に役立つヒントやWEB集客について今すぐ使えるノウハウなど、WEBが苦手でもOK! 50代からでも安心して起業をし、 安定継続的にビジネスができるようになる 無料7日間メールレッスン

Follow me!