50代女性の起業はお客様に選ばれるビジネスが成功する

今まで家庭のために尽くし、仕事に生きてきた人の中には、

「もう、これからの人生は自分らしく生きたい!」

と考えている人が少なくありません・・・

 

そうです!

50代女性には起業を目指している人が増えています。

自分らしく輝いた生活を手に入れて、しっかりと稼いでいる人も少なくないのです。

 

しかし・・・

「50代になって起業しても大丈夫かしら・・・」

「わたしにできることって何があるの・・・」

「専業主婦のわたしにもできる?」

「お金の心配はしたくないんだけど・・・」

「自宅を活用してできるのかしら・・・」

 

と心配になって前に進むことができない人も多いのです。

 

ここでは明日を夢見る50代女性のために、必要な情報を集めてみました。じっくりと読んでみて、起業にお役立てくださいね。

 

 

 50代の女性でもできる起業って何がある?

50代の女性でも多くの人が起業に取り組んでいます。

自分らしくいきいきした生活を掴んで、しっかりと稼いでいる人も少なくありません。

 

どのようなビジネスに取り組んでいるのか、シーンに分けてご紹介いたします。

 

インターネットを活用したビジネス

 

起業に取り組んでいる50代女性を見てみると、インターネットを活用してビジネスしている人が多く見られます。

 

インターネットビジネスはコストがほとんどかからないのが魅力の一つです。

パソコンやスマホとインターネットに接続できる環境があればすぐに始めることができます。

 

50代女性が多く取り組んでいるインターネットビジネスは、

「WEBライター」「エンジニア」などのクラウドソーシング。

文章に自信があったり、サイト作成ができる人であれば、すぐに始めることができます。

 

インターネット上のクラウドソーシングサービスに登録し、

自分にあったお仕事を探して依頼主に提案するだけですぐに仕事ができます。

経験がまったくなかった人でも、気軽に始める人がとても多くなっています。

 

またブログやSNSを集客のツールとして活用している人も多くいますね。

 

世の中で興味をもたれるような内容、

自分自身が取り組んでいるビジネスの情報、

 

有益な情報をどんどんアップするとアクセスやフォロワーが増えていきます。

そこから広告収入を得たり、自分自身のビジネスに誘導しているのです。

 

自宅を活用してできるビジネス

 

いきなり店舗や事務所を開くのはハードルが高いと感じるのであれば、

自宅の一室を利用してビジネスを行うことができます。

 

例えば自宅のリビングやキッチンを利用して、

料理教室を開催している人がいます。

自分の得意料理を生徒さんといっしょに作ってみて、

最後には楽しく団らんしながら食事会。

毎回、とても楽しく教室運営をされている人はたくさんいます。

 

また自宅のキッチンに招くことに抵抗のある人であれば、

インターネットを活用して料理教室をライブ中継している人も!

課金した人だけがそのライブ中継を視聴できるようにしているのです。

これならば自宅に人を招かなくてもできますよね。

 

自宅を活用するビジネスは料理教室だけではなく、

「ネイリスト」「ヘアメイク」「エステ」「ボディマッサージ」「着付け」などの

美容・健康系で開業することも可能です。

「カウンセリング」「占い」などのコミュニケーションをビジネスにしている人も少なくありません。

自宅を少しリメイクするだけで開業が可能ですので、

コストも軽減できるメリットがありますね。

 

 

貸し教室を利用したビジネス

 

レンタルスペースをうまく活用して、ビジネスに取り組んでいる人もいます。

 

英会話が得意な人であれば、週1~2回、1~2時間程度でスペースをレンタルし、

英会話教室を開いている人がいます。

 

ほかにも「話し方」「収納」「資格講座」など、

自分の得意分野や強み、趣味など何でもビジネスにしていくことができます。

 

貸し教室といっても公的なものであれば、

かなり格安でレンタルできるところもありますし、

マイクや机などが完備されているところも多くあります。

 

駅の近くなど利便性が高いところも多くありますので、

それほど集客に困らない場所でビジネスを行うことができます。

 

「先生」と呼ばれるビジネスは、人にとても感謝されるものですから人気も高くなっています。

 

店舗でのビジネス

 

「自分のお店を持ちたい」

「サロンを運営したい」

「カフェをやってみたい」

 

そのような憧れを持つ女性が増えています。

実際、憧れだけではなく、オープンさせて成功している人も少なくありません。

 

最初は自宅を改装して小規模でビジネスを行い、少しずつお客様が増え、ニーズを実感できたあたりで店舗を借りたという人もいるのです。

 

大きな駅前の一等地に店舗を借りることは、

最初からは難しいかもしれませんが、

上記のように身の丈にあったことからはじめて、

コツコツ稼いでいる人は多くいるんですよ。

 

特に地域密着型の店舗であれば、

その地域に愛される店舗になれば、

口コミでどんどんお客様が増えるということがあります。

地域ビジネスであればコストも軽減させることができますし、

そこでスキルを高めていくことも可能です。

 

訪問して行うビジネス

 

依頼者やクライアントのお宅に訪問したり、

待ち合わせしたカフェなどでビジネスを行っている人もいます。

 

「自宅でビジネスを行うのはイヤ」

「店舗を持つ勇気がない」

という人には、完全無店舗で訪問系のお仕事をされている人も。

 

訪問系のお仕事というと、介護を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、

「お部屋の掃除・片付け」「カウンセリング」「コンサルティング」「訪問販売」「家庭教師」など、さまざまなビジネスを行うことが可能です。

 

また自宅だけではなく、便利な場所にあるカフェやファミリーレストランなどを利用して、個別対応のビジネスに取り組んでいる人もいるのです。

 

50代の女性でも成功できるお客様に選ばれるビジネスの作り方

 

「起業はしてみたいけど、自分を選んでもらうビジネスを作ることなんてできるのかしら」

と不安になっている人がたくさんいるのではないでしょうか?

 

しかしビジネスに取り組んでいる50代女性を見ると、

特別な資格を所持したり、経験豊富だからはじめたという人ばかりではありません。

 

中にはまったくの未経験からビジネスをスタートさせたという人も多くいます。

 

ここでは「お客様に選ばれるビジネス」とはどのように作り出していけばいいかお伝えしていきます。

 

50代女性の特技や強みを活かしてチャレンジしてみる

 

50代で起業する上においては、この「特技」「強み」を活かしていくことが一番のメリットです。

 

もともと自分が取り組んできた仕事であれば、

すでに長年の経験がありますから、

かなり豊富な経験・スキルを持って起業することができます。

また仕事の中でも、自分の強みを持っていた人であれば、

それで人や企業相手にコンサルタントを行うことも可能ですよね。

 

「特技や強みなんてない」

という人も多いのですが、そんなことはありません。

 

自分自身の棚卸をしてみれば、特技や強みに気付いていない人がたくさんいます。

 

例えば長年同じ会社や業種で仕事をしてきた人であれば、

そこで培われてきたノウハウやスキルがあるはずです。

自分に自信がないとしても、その長年のノウハウを聞きたいという人も多くいます。

 

主婦であったとしても、掃除の仕方、片付けの工夫、調理方法など、

人に感心されるようなスキルが自然と身に備わっている人も数多く見られます。

 

まずは自分自身ができることを考えてみるといいかもしれませんね。

 

50代女性の趣味を活かしてチャレンジしてみる

趣味に取り組んできた人であれば、

その趣味を活かしてビジネスにすることも可能です。

実際、趣味ではじめたことであれば、一番自分自身が熱中できることですから、

ビジネスとしても取り組みやすいのです。

 

雑貨やアクセサリー、陶芸などハンドメイドの作品を作るのが趣味でしたら、

その教室を開くことができますし、作品を販売するショップを作ることもできるでしょう。

また仲間を集めて、サロンを開くこともできます。

 

自分が熱中していることであれば、

それを周りから見ている人にも魅力が伝わりますから、

あなた自身へのファンも増えてきます。

 

ファンが増えてきたら、そこから講演会などを開催することも可能です。

 

興味のあることでチャレンジしてみる

 

自分自身が今までしたことがまったくないというジャンルであっても、

興味があるものであれば、自分自身が情熱を持って取り組むことができます。

 

例えば今まで会社員や主婦であった人が、

カフェを作りたいと考えることは不思議なことではありませんよね。

 

自分自身にお気に入りのカフェがあって、

「こんな店を自分でも持ちたい」

と思ったことであれば、チャレンジしてみる価値はとても高いということです。

 

まったく違うジャンルから取り組めば、

新しい気付きがあり、利用する人にとって心地よいサービスになるかもしれません。

50代の女性が起業するために必要なコスト

 

「起業はしてみたいけど、起業するためにコストのかかるものはちょっと・・・」

と資金面で不安になっている人もたくさんいるかもしれません。

 

しかし冒頭から述べている通り、それほど多くのコストをかけなくても起業することは可能です。

 

むしろ起業して軌道に乗るまでは、

最低必要なコストだけにとどめるようにしてビジネスをスタートさせることが、

リスクが低くていいでしょう。

 

ここでは「コストをかけないビジネス」の考え方について、

またどうしてもお金が必要な時に活用できる支援などをお伝えしていきます。

 

女性の起業、最初はコストのかからないもので

失敗している人の方法を見ると、十分なマーケティングをせずに必要以上にコストをかけ、

資金を回収できないまま廃業を迫られるというものです。

 

特に経験もないのに最初から自分自身の店舗にコストをかけることは、

かなり無謀な行為になることも多いのです。

 

まずは自分自身の身の丈にあったビジネスを展開してみてはいかがでしょうか。

 

自宅のリビングなどを少し改装するくらいなら、

コストを抑えることができますし、

ネットビジネスのようにインターネットを活用するのであれば、

回線やパソコン代くらいで済ますことができます。

 

コストをかけなくても大きく稼いでいる人は少なくありません。

 

大事なことはそのビジネスに対する思いと工夫なのです。

お客様のニーズに沿ってビジネスを行うことができれば、

コスト面なんてまったく関係ありませんから。

 

公的な支援を活用する

 

起業するのに資金が必要となり、借金をする人もおられます。

きちんと経営計画ができていて、借金返済の計画を立てているのなら

問題ないかもしれません。

 

どうしても資金が必要であるならば、

国が起業する女性のために支援を行っていますので、

この資金を上手に活用することが懸命です。

 

ここで公的支援を受けることができるものを2つご紹介します。

詳しくは公式サイトから情報収集してみてください。

 

「女性、若者/シニア起業家支援資金」

 

日本政策金融公庫が行う支援で、女性の方であれば 起業をこれからはじめようとされる方、あるいは事業開始後おおむね7年以内の方が受けることのできる制度です。

 

参考:女性、若者/シニア起業家支援資金 日本政策金融公庫 https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/02_zyoseikigyouka_m.html

 

「地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)」

 

中小機構と各都道府県の公共団体・金融機関等が、

地域貢献性が高い新事業に取り組む人に資金の助成を受けることができるというものです。

 

参考:地域中小企業応援ファンド(スタート・アップ応援型)独立行政法人 中小企業基盤整備機構

http://www.smrj.go.jp/sme/funding/regional_fund/index.html

 

クラウドファンディングを利用する

 

「クラウドファンディング」をご存知でしょうか。

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて

資金調達を中心に協力を募る方法で、

女性の起業家においてもクラウドファンディングを活用し、

資金調達をする人が多く見られるようになってきました。

 

近年では女性に特化したクラウドファンディングも現れ、

若い女性だけではなく中高年齢層においても活用される人が目立つようになってきました。

 

一般的に活用されているのは「購入型」と呼ばれるもので、

資金の支援を受けるお礼として、そのサービスや商品を受け取れるようにしています。

資金援助する側としては、モノやサービスを受け取ることができますし、

資金援助を受ける側は開業資金を得ることが可能となっています。

 

50代の主婦が起業するために必要な仲間づくり

 

50代主婦が起業するうえで、

その取り組みはじめでもっとも多いのが「仲間づくり」をされるということです。

 

サラリーマンの間に、必要なことを学んで「副業」「複業」から取り組み始めようとする人

が多くいます。

 

休日の土日などを活用して、「女性の起業セミナー」などを受講し、

必要なスキルを学ぶ人が増えています。

半日、もしくは1日かけてしっかりと学ぶことができますが、

この場で同じ志を持った人たちと知り合うことができます。

 

起業するモチベーションが高まり、中にはお互いに足りない部分を補完しながら起業される方もるのです。

 

また起業してからも定期的に連絡を取って、

自分自身のビジネスのモチベーションアップにされている方も少なくありません。

 

女性の起業セミナーは、地域の商工会議所などが無料で開催しているものもありますし、

同じように起業した人からダイレクトに学ぶことができるものもあります。

いい仲間ができることは自分の成長にとっても良いものです。

 

50代の女性が起業してどれくらい稼げるの?

 

「起業して、どれくらい稼げるんでしょう?」

とビジネスを始めるうえでの不安を抱えている人が多くいるのでは?

 

起業するということは、サラリーマンとは違いますから、

固定の給料は当然ながらなくなってしまいます。

 

働けば必ず得られる報酬がなくなるわけですから、

これはどうしても不安の材料となってしまいます。

 

最初はそれほど大きな収入を得ることは難しいかもしれません。

 

しかし1人のお客様から口コミで新しいお客様が増えていき、

今では大きな店舗を持つまでに成長したという人だっています。

 

サラリーマン時代の収入と比べて、何倍もの収入になったという人も珍しくないのです。

 

ビジネスは地道な取り組みが必要になります。

開業して間もない頃でしたら、お客様はそれほど多いかもしれませんが、

お客様のニーズを掴んでビジネスを行っていけば必ず結果は付いてきます!

 

自分自身にしかできないビジネスで、がっちりと収入を掴んでみませんか。

 

 

50代の女性だからこそできるあなたらしい生き方

 

「もう50代だから・・・」

「主婦しかしたことがないから・・・」

と諦める人がいます。

 

でもどうでしょう?

今の50代の方って若々しい人が多いと思いませんか?

 

世の中の50代女性は、「50代でも自分らしく生活したい」と考える人が増えました。

 

自分のやりたいこと、自分の目指すべき姿、自分の好きなこと、持っている夢・・・

それらを叶えるために行動することが、自分の成長となり、

充実した生活に繋がることが分かったからですね。

 

本当は現在の自分自身に満足のいかないという人はたくさんいます。

その反面、充実した生活をおくり、自分らしくいきいきと生活されている人もいるのです。

 

あなたならどちらの人生がよりよい人生だと思いますか?

 

自分らしく生活するための一つに「起業」があります。

冒頭から申し上げてきたとおり、リスクはそれほど大きくなく取り組むことができます。

働きながらでも「副業」や「複業」に取り組むこともできます。

 

これらの働き方は何よりも充実した人生を歩むことができますし、

共に励むことができる仲間も増えていくことでしょう。

 

あなたのこれからの人生を明るく華やかなものにするために、

「起業に取り組む」という視点をお持ちになってみてはいかがでしょうか。

 

お知らせ

オトナ女性のためのやさしい起業相談では

起業歴7年の経験を活かして、

あなたの「趣味や得意の生かし方」

「やりたいことをビジネスに変換する方法」

「起業計画と将来設計」

「あなたのビジネスをわかりやすくするキャッチコピー」など・・・

お伝えしています♪

オトナ女性のためのやさしい起業90分相談はコチラ

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【LINE@始めました!】

西秋恭子 公式LINE@ ぜひお友達になってください♪

1:1でトークができるので自宅サロン集客のことなどお気軽にご相談ください♪

ID検索@fog7306a ご登録特典プレゼント中です♪

50歳から始める起業
~資格を活かしてお仕事に!私らしい仕事styleの作り方~
教室・サロン集客サポート/webコーチ文京区:自宅サロン集客サポート、私らしさ起業WEBスタイルコーチ、ウェディングブーケ手作りレッスン、JHAハーバリウム認定講座レッスン、フラワーギフトオーダー販売
主宰 西秋恭子

今日のメールセミナーはいかがでしたか?

こちらをクリック↓
感想をお待ちしています^^ 
泣いて喜びます

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こちらの無料メールセミナーは

リピートされる教室の作り方のヒントやお得な情報をお伝えします♪

こちらのメールは無料メールセミナー

・「趣味を活かして、センセイと呼ばれる教室作り〜50歳から始める私らしい生き方〜」

・「リピート率100%の自宅サロンの作り方」

にご登録いただいた方にもお送りしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Follow me!