Ameba ownedに行き詰る前に!WordPressへ切り替えておきましょう

Ameba ownedに行き詰る前に!WordPressへ切り替えておきましょう

女性でビジネスをされている方は、アメブロを使われている方が多いですよね。

アメブロは使いやすくて、可愛いデザインもそろっているので、パソコン初心者でも簡単に扱えます。

そんなアメブロから発展した「Ameba owned」でブログを始めた方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、最近、私のもとに寄せられているのが、Ameba ownedユーザーからのSOSなんです。

皆さん口をそろえて「WordPressにしていればよかった~!」とおっしゃいます。

Ameba ownedは高評価なのに、不思議ですよね?

では、どうしてAmeba ownedに不満が上がるのか、WordPressに変えようと思われるのか、その理由を検証してみました。

あわせて、Ameba ownedをやめてWordPressに乗り換えるべき理由についてもご説明しています。

 

Ameba ownedとは?

この記事を読んでくださっている方の中には、Ameba ownedとWordPress、どちらを始めたらいいのか悩まれている方もいらっしゃるでしょう。

そこで、Ameba ownedについておさらいしておきますね。

Ameba ownedとは、アメブロを運営しているサイバーエージェントが、気軽にホームページを作れるよう立ち上げたサービスのことです。

驚くことに、下記のすべての機能が無料で使えるんですよ。

・シンプル系からオシャレなものまで、自分らしいデザインのテンプレートを選べる

・Webサイトが作れる

・ブログとしても使える

・インスタやTwitter、Facebookなどのソーシャルメディアとの連携投稿やサイト表示もできる

・パソコンだけでなく、スマホやタブレットのアプリから簡単にホームページの作成や編集ができる

・URLを決める際のドメインを自由に選べる

・商用利用できる

・画像を1GBまで保存できる

・簡単なSEO対策がされている

・CSSを編集できるので、自分らしいカスタマイズができる

・アメブロ独自のアクセス解析だけでなくGoogle Analyticsとの連携もできる

・最大で10個までブログが作れる

・自分以外の管理者を設定できる

・他のサイトをフォローできる

このように、これまでの無料サービスではなかった機能が充実していることもアリ、2019年10月現在で40万人以上がAmeba ownedを活用しています。

 

Ameba ownedの魅力とは

Ameba ownedがこんなにも人気が出ている背景には、芸能人が続々とAmeba ownedから乗り換えてきているのと、アメブロユーザーからの流入があるでしょう。

オシャレなページが作りやすいですし、グローバルメニューを取り入れた整った構成がカンタンに作れる魅力もあります。

さらに商用利用もOKです。

BASEのアカウントを持っていれば、Ameba ownedと連携させてネットショップを簡単に開設することもできます。

 

使い方によっては、ハンドメイドをしている人であれば、ネットショップを立ち上げて店長ブログを作れるので、とても便利ですよね。

また、作品を販売しつつ、日々の制作風景をブログとして書き込むなんてこともできます。

 

無料機能も充実しているので、40万人を超える利用者が出るほど人気の理由もお判りいただけるかと思います。

ですが、いくら魅力がたくさんあるからといって、Ameba ownedに決めてしまうのは時期尚早です。

 

 

Ameba ownedの欠点

私も過去にはアメブロを使っていたので、もしも当時Ameba ownedのようなサービスがあれば使っていたかもしれません。

ですが、私に相談に来られる方のように、しばらく運営してみてやっぱりWordPressでブログを作っておけばよかったと後悔したと思うのです。

その理由は、Ameba ownedの欠点にあります。

削除リスク

アメブロ、Ameba ownedを通じて言えるのですが、一番の欠点は削除リスクが付きまとうことです。

両方とも、ブログ機能を無料で使えるので、とてもお得に感じますよね。

ですが、サービスを使うときに会員登録をしなければなりません。

これが意味することは、自分の登録は、サイバーエージェントの管理下にあるということです。

例えば、アメブロであれば、以前は商用利用が禁止されていたので、違反するだけで、突然ブログが削除されることがありました。

昨日まで普通に使えていたブログが、こちらへの事前告知なしに削除されるのですから怖いですよね。

しかも、残念なことに、データは戻ってきません。

現在、アメブロやAmeba ownedでは、商用利用ができるようになっています。

ですが、規約の一部にこんな断りがあります。

「当社が不適切と判断する掲載がある場合には、アカウント、サイト、投稿内容などを削除する場合があります」

つまり、原因のいかんをとわず、サイバーエージェントが「不適切」と判断するのであれば、規約違反で突然アカウントを削除されてしまうリスクは避けられません。

この削除リスクは、本当に怖いです。

もしも、あなたが時間をかけて作ったサイトやブログが突然消えてしまったとしたら?

ビジネスの紹介どころか、お客様との関係まで断ち切られてしまいます。

そんなことにはそう簡単にならないから大丈夫・・・・!と思っていたら危険です。

ひと昔流行っていたmixi。

今でもまだ存在していますが、ほとんどそのツールを活用している人はいませんよね。

そうなると、やはり自分でWordPressを使ったブログを作っておく方が安心といえるでしょう。

 

Ameba ownedはSEO対策が不十分

ブログを使って集客するなら、SEO対策は万全にしておきたいですよね。

Ameba ownedでは、簡単なSEO対策がされていることを明言しています。

ですが、WordPress専門家の私からすると、あくまで「簡単な」対策に過ぎません。

例えば、しっかりとSEO対策をするなら、サイト全体だけでなく、ブログそれぞれの記事についても対策が必要です。

それにもかかわらず、Ameba ownedでは、全体の設定しかできないのです。

また、それぞれのブログページについてもタイトルやディスクリプションといった大まかなところしか設定できないようになっています。

その結果、検索結果をみても、Ameba ownedで公式ページを作っている企業のページが、一般の方が作ったページよりも下に表示されるという状態が続いています。

この結果からもわかるように、Ameba ownedでは、十分なSEO対策ができていないのです。

 

この点、WordPressはそれ自体がSEO対策に強い存在です。

さらにSEO対策を強化するなら、SEO対策に強いテーマを取り入れたりプラグインを導入することも可能です。

もちろん、ブログ全体だけでなく、各ブログ記事それぞれにもこだわりの設定を施すことができます。

自由度の高いWordPressは、Web集客に一番向いているといえるでしょう。

 

WordPressへの乗り換えは今すぐに!

Ameba ownedよりもWordPressのほうがブログを使ったWeb集客に適していることをお話してきました。

あなたも、この記事を読んでWordPressを始めようと考えられたかもしれませんね。

もしも、これからWordPressを始めたり、Ameba ownedからの乗り換えを検討したりしているなら、すぐに始めてください。

 

その理由は、ドメインを育ててほしいから

 

WordPressでブログを作る場合、一からドメインを取得しなければなりません。

使い始めのドメインはGoogleからの評価が低く、すぐには検索結果の上位には表示されない欠点があります。

ですが、記事を積み重ね多くの方に読んでもらうことで、ドメインはどんどんと強くなり、検索結果の上位にも表示させやすくなるのです。

もしも、WordPressへの乗り換え方や始め方がわからないというのであれば、気軽に私に相談してください。

あなたにぴったりのブログを一緒に作っていきましょう。

まずは、WordPressの立ち上げを考えてみてくださいね。

 

 
 

WordPressのHPには興味あるけど不安なこと、不明なことがあって今一歩を踏み出せない方

 

ホームページ相談会を実施中です 
早めにお席を確保してください♪

 

 
 
 

 

 

Follow me!