【教室の集客ができるLINE@活用法】生徒さんを増加させる強力ツールの使い方

教室の宣伝を行なって集客しているのに、お客様がいっこうに増加しない。

教室の宣伝方法に効果があると言われるLINE@(ラインアット)をご存知ですか?

今回は、今やメルマガを上回るほどの集客力を持つLINE@の集客法について、解説します。

LINE@に集客力がある理由

誰もが利用しているLINEは、2011年6月にリリースされました。

無料とは思えないような便利な機能。

またたく間に利用者が増加し、2017年12月の時点で月間ユーザー数は7,300万人以上。

現代では、LINEだけしか使っていないという方もいるほど。

『LINEがくればすぐ見るけど、メールはなかなか開かない』こういう方も多いでしょう。

個人間でやりとりするLINEと違い、多くの方に情報を拡散できるのがLINE@です。

メッセージを作成し送信すると、登録して下さっている方に一斉に配信できます。

画像挿入はもちろん、詳しい宣伝内容が掲載しているホームページやブログへのリンクも貼れます。

ひと昔前メルマガは効果的な宣伝集客法でしたが、今やそれに変わるのがLINE@の宣伝法なんです。

教室やハンドメイド作品に興味を持って下さっている方の心を、グッとつかんで集客につなげるLINE@集客法。

月間1000通までのメール配信は、無料で使用できます。

LINE@の効果的な集客法

LINE@で教室集客する前に

LINE@で教室の集客をするためには、情報発信する相手が必要です。

そのためには、教室の作品の魅力を伝え、教室の強みをしっかりとブログやホームページでアピールしましょう。

ハンドメイド教室を満席に!ブログで教室の強みを伝えて集客・売上アップする方法

そして、LINE@への登録していただけるような文やボタンを設置しましょう。

1人でも友達登録数を増加させてこそ、強い集客ツールとなるんですね。

LINE@配信内容と頻度

LINE@は、見て下さる方にとって利益になる情報の配信が集客につながります。

  • 新しい作品ができた時の紹介
  • 便利なハンドメイド作品作成の小技紹介
  • 生徒さんの素敵な作品紹介

このような情報がくれば、作品作りが好きな方にとって知りたい情報になりますね。

配信頻度は多くても1週間に1通〜2通ほどの配信の方がいいでしょう。

そしてもちろん、教室のキャンペーンも入れ込むようにします。

ただし宣伝内容の配信は、できるだけ少なくしましょう。

月1回程度でも多いくらいです。

LINE@クーポン機能で集客率UP

LINE@には、以下の種類のクーポン機能があります。

  • 割引き
  • フリー
  • プレゼント
  • キャッシュバック
  • その他

教室に興味を持って下さっているお客さまの立ち場で、どのようなサービスがあれば嬉しいと感じるかを想定しながら内容を決めましょう。

またLINE@のクーポンは、使用可能な回数を設定できます。

  • 一回限り
  • 有効期限中何度でも

お得な入会キャンペーンはもちろん、教室の作品作りの無料相談があってもいいですね。

そしてLINE@のクーポンを公開すると、トークルームやタイムラインにも投稿されます。

非公開にし一部の方だけが使えるクーポンにすれば、特別感が出て集客につながるかもしれません。

LINE@スタンプカードで集客率UP

LINE@には、アカウント専用のスタンプカード機能があります。

なんでも電子化されている時代、スタンプカードはショップでもらうポイントカードと同様のものです。

LINE@のスタンプカードを、教室のポイントカード代わりに使用します。

スタンプカードはポイントを貯めるだけではなく、ランクアップ機能もあります。

貯まればお得な特典に交換できるようにも設定でき、お客様にとっては大変嬉しい機能。

トーク画面下部にもスタンプカードの表示ができますので、教室のアピールはもちろん集客力は抜群です。

LINE@の教室集客のメリットデメリットを考えよう

LINE@での集客のデメリットは、登録してもらわなければ効果が発揮できない部分です。

そのためLINE@で配信する内容によっては、友達解除されてしまうので集客できず無意味に終わってしまいます。

教室への集客は、安売り情報を知りたいスーパーとはわけが違います。

宣伝ばかりの内容がくれば、LINE@の内容を見てはもらえません。

見てもらえないどころか、友達解除されてしまう原因になります。

  • お客様が作品について知りたい内容をどれだけ持っている教室か
  • どれだけ才能ある講師なのか
  • 教室は他とは違ったどんな魅力があるのか

このような内容を中心に配信しなければ、意味がありません。

本当に優れた教室なんだと判断してもらってこそ、集客につながります。

いくらキャンペーンで割引があったにしても、実際に本当に良い作品を作れる教室かかがわからないと「口先だけの教室」と捉えられてしまうでしょう。

他とは違ったどれだけ素晴らしい教室かもわからないのに、毎回配信される「入会金30%OFF」の宣伝…。

そんな情報、見たいとも思わないですよね。

教室の立ち場になって考えるのではなく、お客様の立ち場になって考えましょう。

そのためには、家族をはじめ友人知人にアドバイスを求めるのもいいですね。

人は、自分では客観的に見ることができません。

自分の行なっているサービスはいいものだと考えてしまいがちです。

人の意見は集客率をアップさせるために、なくてはならないものです。

無料メールセミナーで、LINE@を使った教室集客法もご紹介しています。

 

教室運営に役立つヒントやWEB集客について今すぐ使えるノウハウなどを、さまざまな角度からお伝えしています↓

 

http://fleurderila.jp/support-kobetu/

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です