教室の集客で効果が出ない宣伝とその理由【サロンの差別化の重要性】

サロンや教室の宣伝に力を入れているのになかなか効果が出ない…とお困りではありませんか?

宣伝の方法はさまざまです。もしかすると今行なっている宣伝方法が、効果につながっていないのかもしれません。

サロンや教室の宣伝で効果が出ない理由、その原因を探ってみましょう

サロンや教室で効果が出ない宣伝とその理由

宣伝効果が出ない掲示板

地域の掲示板にチラシを貼ってもらうという方法を取っている方も多いでしょう。

しかし、かなり古典的で効果が出にくい方法です。

掲示板を見る機会はかなり減ってきており、せっかくのチラシも効力を発揮しません。

また、見てもらいたい層を絞ることができないのもデメリットの一つです。

せっかくチラシを見てもらえても、ターゲット層ではない人・教室やサロンを開いている時間帯に仕事などがある人に見られても意味がありませんよね。

また、掲示板はいつ貼られたものかわかりにくく、「このチラシは古い情報なのでは?」と思われてしまう可能性もあります。

そうすると問い合わせもしにくくなってしまいます。

このように、掲示板での宣伝はかなり効果が出にくいものと考えておいていいでしょう。

宣伝効果が出ない新聞広告

新聞の広告欄に自分のサロンや教室を掲載する宣伝方法。新聞広告の宣伝効果は、かなり低いと考えていいでしょう。

新聞は多くの人が見ますが、見てほしい客層に絞れません。

その上、小さな広告の掲載場所を見てもらえる可能性は極めて低いもの。

主婦層、子供向けの教室やサロンとなると、さらに見てもらう機会も少ないでしょう。

またネットでニュースを見れる昨今。

新聞を購入している人数自体も少ないため、新聞広告は効果が出ないんです。

このような状況で、新聞広告を出すのは賢い選択と言えませんね。

コストの高い新聞広告は、たとえ効果が出ても赤字の原因になってしまいます。

もし出すなら地域の瓦版など、もう少し地域やターゲットを絞ったものを選ぶようにするといいですね。

効果が出にくいSNSの宣伝

ツイッターやフェイスブックなどSNSの宣伝は、実は教室の集客にはあまり効果は出ません。

なぜならSNSはSEO効果があまりない上、簡単に言えば身内同士で宣伝しているようになってしまうからです。

SNSでつながっている友人知人は、その教室に興味を持っている方でしょうか?

答えはNOですね。

友人以外のフォロワーが多いとしても、そのフォロワーもハンドメイドに興味があるわけではなく、フォロワーが欲しいからフォローしているという状態です。

宣伝は、興味ある方に見てもらってこそ効果が出ます。

SNSは教室の信頼性を高めるためには、大変効果があります。

SNSでサロンや教室の宣伝をする場合は、個人のSNSアカウントではなく、教室用のアカウントを取得しましょう。

ハンドメイドに興味がある人が個人的・たとえばネガティブなつぶやきを見ると、良い気分ではありません。

講師のプライベートな内情まで知りたいとは考えません。

人柄を知ってもらうにはプラスになりますが、内情が全て筒抜けになってしまえば当然マイナスに働きます。

またその逆に、宣伝ばかりになってしまうと友人や知人が離れていってしまう可能性もあります。

教室用のアカウントを取得して、ブログとの併用で宣伝効果を出していきましょう。

効果が出にくいブログ

SEOを意識したブログは集客方法としてはおすすめです。

ブログを読んだ人にその教室やサロンに興味を持ってもらい、集客につなげることができます。

しかし、そもそもそのブログにたどり着いてもらわなければなりません。

そのためには、検索したときに検索結果の上位に自分のブログを表示させる必要がありますね。

ただやみくもに記事を書いているだけでは、検索結果で上位表示はできません。

上位表示されなければ、ブログを書いていても宣伝効果は出ませんね。

また、オリジナル性あるブログ内容を意識しましょう。

ただハンドメイドの手法だけをブログ掲載しても、SEO的には何の効果も得られません。

SEOという、検索エンジン最適化のための知識を身につけていきましょう。

とは言っても、最初は特定のキーワードを選定する、ある程度そのキーワードをタイトルや文章に盛り込む、定期的に更新するといったレベルで大丈夫でしょう。

狙いたい客層をしっかり絞ることができれば、簡単なSEOでも効果が出るでしょう。

地域名などで限定し、その地域の教室を探している人にチェックしてもらえるように工夫しましょう。

50代でもできるweb集客!教室を満席にする【簡単なブログの書き方】

効果が出ない宣伝は『教室のあり方』

教室の宣伝効果が出ないもっともの理由は、『教室のあり方』が原因になっているかもしれません。

個人経営のハンドメイド教室では、魅力的なレッスン内容が必要です。

他の教室との差別化ですね。

私が考える教室の重要な差別化は、以下の3つです。

  1. 誰に向けての教室か?
  2. あなたの教室に通うとどうなれるのか?
  3. あなたの教室で習う理由は何か?

この3つを明確にしなければ、どれだけ大きく宣伝しても教室へ通ってもらおうという気持ちにさえなれません。

この差別化ができていないと、生徒さんは他の教室の違いがわからなくて、あなたの教室に行く必要性を感じてくれないんです。

そのために、教室のコンセプトをしっかりと練る必要があります。

この3点がしっかりできていると日々の発信にも迷いがなくなり、届けたい方にしっかり届けることができるでしょう。

どこにでもある教室と同じ方針では、どれだけ効果のある宣伝方法をしても無意味に終わってしまうんですね。

私は『特別な教室』を作るためのコンサルティングを行なっています。

自分だけではわからないことを1人で悩んでいても、いいアイデアは浮かびませんね。

まずは、ぜひ無料メールセミナーでそのヒントを取得してください。

教室運営に役立つヒントやWEB集客について今すぐ使えるノウハウなどを、さまざまな角度からお伝えしています↓

http://fleurderila.jp/support-kobetu/

Follow me!